何気ない日常が一番素敵な物語 SINCE2006:06:13
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の友達のブログで、ふっと、思い出した出来事がありましたので

そんな昔話です・・・。


昔から、僕を知っている方は当然ですが・・・

それ以外の方でも、ブログに遊びに来てくださっている方は

既に、ご察しがついてるとは思いますが・・・

僕の仕事は・・・人の死に関わる仕事をしてます。


馴れという訳では無いのですが・・・

亡くなった方を良く知らないということがあり、涙を流す事が

殆どありません。が・・・・

今迄、一度だけ止められなかった事がありました。


それは・・・

まだ、30代前半の女性が亡くなった時の事です。



その方には、まだ1歳半位の子供がいて

(今の僕の子供と同じくらいですね。もちろん当時子供はいませんでしたけど)

それまでは、当然、母親の死なんてものが分かるはずもなく

笑ってたり、何か喋ったりしてました。

この時点では、

「まだこんなに小さい子がいるのに・・・つらかっただろうな~」

「この子は、きっと何も分からずにいるんだろうな~」って思ってました。



花入れも終わり。棺に蓋をする時に

身内の方や、親しい方達で蓋をするのですが。

旦那さんの腕には、何も分からない1歳半の子供が抱かれていました。

足元から静かに蓋が閉められていき

後、数cmで蓋が完全に閉まるときに

誰に言われるでもなく

1歳半の手のひらが、そっと・・・出て、上から棺の蓋を押し

蓋が閉じた後、母親に向かって何か話しながら手を振っていました。




その場面を見たときだけは・・・自分には子供が居ませんでしたが

涙を抑えることが出来ませんでした・・・。



「鬼の目にも・・・」って、ことわざは・・・あるんですね。(^^;



スポンサーサイト


追記を閉じる▲
昔から、僕を知っている方は当然ですが・・・

それ以外の方でも、ブログに遊びに来てくださっている方は

既に、ご察しがついてるとは思いますが・・・

僕の仕事は・・・人の死に関わる仕事をしてます。


馴れという訳では無いのですが・・・

亡くなった方を良く知らないということがあり、涙を流す事が

殆どありません。が・・・・

今迄、一度だけ止められなかった事がありました。


それは・・・

まだ、30代前半の女性が亡くなった時の事です。



その方には、まだ1歳半位の子供がいて

(今の僕の子供と同じくらいですね。もちろん当時子供はいませんでしたけど)

それまでは、当然、母親の死なんてものが分かるはずもなく

笑ってたり、何か喋ったりしてました。

この時点では、

「まだこんなに小さい子がいるのに・・・つらかっただろうな~」

「この子は、きっと何も分からずにいるんだろうな~」って思ってました。



花入れも終わり。棺に蓋をする時に

身内の方や、親しい方達で蓋をするのですが。

旦那さんの腕には、何も分からない1歳半の子供が抱かれていました。

足元から静かに蓋が閉められていき

後、数cmで蓋が完全に閉まるときに

誰に言われるでもなく

1歳半の手のひらが、そっと・・・出て、上から棺の蓋を押し

蓋が閉じた後、母親に向かって何か話しながら手を振っていました。




その場面を見たときだけは・・・自分には子供が居ませんでしたが

涙を抑えることが出来ませんでした・・・。



「鬼の目にも・・・」って、ことわざは・・・あるんですね。(^^;



スポンサーサイト

【2007/12/12 01:17】 | 日記
トラックバック(0) |

鬼じゃないよ・・・
kon
何ともリアルな悲しいお話だよね。
ジャックさんじゃなくても涙が出てくるでしょう、
その状況では。仕事とはいえ、そういう場面を見るのは辛いですよね・・・。
ジャックさんは全然鬼なんかじゃありませんよ、、とっても情のあつい人じゃないですか~。(^^

そうそう
ryo
僕はジャックさんに会ったことないけど熱い人だと思っています。
なにも涙を流さないから冷たいわけじゃありませんからね。



B.FACE@埼玉
私は葬儀などにはあまりでたことがありませんが、
残された子どもが泣きじゃくるのを見ていると
こらえきれずにもらい泣きしてしまいました。
私の職場は亡くなると言うことはあまりありませんが、
病気や頭のけがなどで自分の子どもを我が子として
認識できなくなったような人を相手にすることが
あり、そんなときには、涙はでるほどではありま
せん、ものすごい切なくなります。
そんなときこそ、やっぱり自分の家族のためにも
自分の健康を大事にしようとおもいます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
鬼じゃないよ・・・
何ともリアルな悲しいお話だよね。
ジャックさんじゃなくても涙が出てくるでしょう、
その状況では。仕事とはいえ、そういう場面を見るのは辛いですよね・・・。
ジャックさんは全然鬼なんかじゃありませんよ、、とっても情のあつい人じゃないですか~。(^^
2007/12/12(Wed) 11:31 | URL  | kon #mQop/nM.[ 編集]
そうそう
僕はジャックさんに会ったことないけど熱い人だと思っています。
なにも涙を流さないから冷たいわけじゃありませんからね。
2007/12/12(Wed) 20:17 | URL  | ryo #-[ 編集]
私は葬儀などにはあまりでたことがありませんが、
残された子どもが泣きじゃくるのを見ていると
こらえきれずにもらい泣きしてしまいました。
私の職場は亡くなると言うことはあまりありませんが、
病気や頭のけがなどで自分の子どもを我が子として
認識できなくなったような人を相手にすることが
あり、そんなときには、涙はでるほどではありま
せん、ものすごい切なくなります。
そんなときこそ、やっぱり自分の家族のためにも
自分の健康を大事にしようとおもいます。
2007/12/15(Sat) 22:38 | URL  | B.FACE@埼玉 #tHX44QXM[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。